本文へスキップ
ホーム 公社の概要 技術支援 研修 建築住宅 刊行物のご案内 アクセス
イメージ写真4

刊行物のご案内

書籍販売        〜書籍販売に関するお問合せは総務課TEL:088-879-0300まで〜
高知県等と連携して土木建設関連の図書を発行・販売しています。
ご注文は、E−Mail 又は FAX でお願いいたします。
販売図書一覧表
図 書 名 発  行 監修・編集等 価 格 備考
高知県建設技術者必携
建設工事技術管理要綱
(平成29年10月改正)
平成29年10月 高知県 2,500円  
高知県建設工事
共通仕様書
(平成29年10月改正)
平成29年10月 高知県 2,500円  
高知県委託業務
技術者必携
(平成21年6月1日施行)
平成21年9月 高知県 5,500円  
平成29年度
建設工事技術者研修会テキスト
平成29年6月 高知県 2,000円  
木造住宅工事仕様書 平成28年版

※平成28年版が10月3日より販売となりました。
編著:(独)住宅金融支援機構
発行:(株)井上書院
1,650円  
木造住宅工事仕様書
(設計図面添付用)
平成28年版

※平成28年版が10月3日より販売となりました。
編著:(独)住宅金融支援機構
発行:(株)井上書院
650円  
枠組壁工法住宅
工事仕様書
平成28年版

※平成28年版が10月3日より販売となりました。
編著:(独)住宅金融支援機構
発行:(株)井上書院
1,980円  
枠組壁工法住宅
工事仕様書
(設計図面添付用)
平成28年版

※平成28年版が10月3日より販売となりました。
編著:(独)住宅金融支援機構
発行:(株)井上書院
1,150円  
         
※販売図書の改定情報〜お知らせ〜
現在販売中の図書のうち高知県が監修・編集等を行ったものについての改訂情報が、高知県技術管理課のホームページ及び
高知県建設管理課のホームページに掲載されていますのでご確認ください。
 
 
 様式等  注文書_一般用【参考様式】 DOWNLOAD
注文書_市町村用【参考様式】 DOWNLOAD
図書貸出      〜図書貸出に関するお問合せは企画研修課TEL:088-879-0234まで〜

 高知県建設技術公社が保有する技術・学術関連の文献は以下のとおりです。
 〜手続き方法〜
 申込み方法は郵便・FAX又は来所で。
 貸出方法は宅配便(貸出費用は公社負担。返却費用は利用者様でご負担ください。)又は来所で。
 貸出期間は二週間です。

図書分類一覧表
便覧、辞書 A-1 土木用語 A-2 土木一般 A-3 その他辞書        
法規、行政 B-1 法規 B-2 法律解説 B-3 行動指針        
地質     C-2 設計施工積算 C-3 地盤 C-4 調査 C-5 学術
水理         D-3 水理学 D-4 学術    
測量 E-1 用語     E-3 技術 E-4 公共測量規程等 E-5 その他
F コンクリート F-1 示方書・マニュアル F-2 設計施工積算 F-3 その他        
G 橋梁 G-1 示方書・マニュアル G-2 設計施工積算 G-3 景観 G-4 その他    
H 構造物 H-1 基準 H-2 設計施工積算 H-3 事例        
I 仮設工     I-2 設計施工積算            
J 道路 J-1 構造令・指針 J-2 設計施工積算 J-3 交通工学 J-4 その他    
K 舗装     K-2 設計施工積算 K-3 景観・環境 K-4 材料    
L 河川  L-1 構造令・指針 L-2 設計施工積算 L-3 景観・環境 L-4 その他    
M ダム M-1 関係法令     M-3 その他        
N トンネル N-1 示方書 N-2 設計施工積算 N-3 その他        
O 海岸         O-3 港湾 O-4 海岸工学    
P 基礎工 P-1 基本 P-2 設計施工積算            
Q 災害 Q-1 基本方針・手引き Q-2 設計施工積算 Q-3 対策 Q-4 事例集 Q-5 研修テキスト
R 積算 R-1 土木工事 R-2 R-3 下水道 R-4 その他    
S 環境、景観     S-2 設計施工積算 S-3 副産物 S-4 ランドスケープ S-5 その他
T 下水道 T-1 手引き・要領 T-2 設計施工積算 T-3 技術      T-5 その他
U 土木基礎 U-1 用語 U-2 設計施工積算 U-3 その他        
V 造成     V-2 設計施工積算            
W 造園         W-3 技術 W-4 その他    
X 都市計画         X-3 整備        
Y 資格試験 Y-1 1級土木施工 Y-2 1級造園施工 Y-3 測量士・士補 Y-4 技術士    
Z その他 Z-1 ビデオ Z-2 講演録セミナー Z-3 研修テキスト Z-4 コンピューター Z-5 その他
    Z-6 内線・配線規程 Z-7 あいさつ Z-8 会計検査関係 Z-9 人権 Z-10 記念誌・機関誌
    Z-11 入札・契約                

分類 本ID 書籍名 刊年 編著者名 発行所 内容概要
A-1 1 図解一般土木用語事典 1998 山村和也 山海堂 左頁に用語解説、右頁に図・写真を配置し、図と解説を対照させた見易い用語事典。
A-1 84 わかりやすい 実用土木用語の解説 1997 学隆社 学隆社 見出し語に表音式を用いどの分野に属するか、また学術・現場用語・記号等も付した。
A-1 85 土木現場実用語辞典 1998 藤田圭一 井上書院 土木現場における慣用語を中心に、26の分野に分け約4900語を収録した最新土木事典。
A-1 86 図解 土木重要用語集 1998 伊藤実/立石義孝 工学出版 基本と現場に多く使用されている用語を、図を多く入れてわかりやすく見やすく説明。
A-1 87 土木施工管理用語辞典 1997 吉野次郎/吉田弘 山海堂 建設事業の第一線にある技術者の日常業務に必要な専門用語について解説したもの。
A-1 88 わかりやすい 土木用語事典 1994 土木試験問題研究会 学隆社 理解しにくい用語には図面・写真を挿入平易に解説。学生・現場技術者のための必携書。
A-1 232 土木用語大辞典 1999 社団法人 土木学会 技報堂出版 土木学会が総力を挙げて編集(22,800語)。
A-2 439 高知県建設工事共通仕様書(平成十年版) 1998 高知県土木部農林水産部 高知県建設技術公社  
A-2 482 委託業務必携 平成4年 2001 土の試験実習書(第三回改訂版)編集委員会 地盤工学会  
A-2 485 委託業務必携 平成5年 1993 高知県土木部防災指導課 高知県建設技術公社 平成四年に発行した本書を委託業務の一層の充実を図るため内容の一部を改正して発行。
A-3 96 新体系土木工学 別巻 土木資料百科 1997 成岡昌夫 技報堂出版 ギネス記録的事項、隠された記録など、建設技術者として知っておくべき事項1700余を収録。
A-3 223 デイリーコンサイス英和辞典 1997 三省堂編修所 三省堂 見出し語及び成句・熟語など77,000項目を収録。
A-3 479 公用文 用字用語の要点 1989 廣瀬菊雄 新日本法規株式会社 類語使い分けの明確な根拠、的確な説明など公務員の必携の書。
A-3 480 地方公共団体の公用文の作成要領 1964 寺本 力 学陽書房 各地方公共団体における実例を多く取り入れて、研究の材料を提供。
A-3 481 文書作成の手引 1993 高知県総務部文書学事課   職員アンケートによる意識調査に基づき作成した分かりやすく親しみやすい手引書。
A-3 486 派遣・出向・配転をめぐる法律相談 1987 新日本法規   労働大臣官房総務課の監修のもと、法の趣旨から実務に応じた馴染みやすく詳説。
A-3 493 労働総覧 57年版 1982 労働大臣官房総務課 財団法人労働法令協会  
A-3 670 建築用語辞典 1995 建築用語辞典編集委員会 技報堂出版  
B-1 102 土木法規の基礎 1996 岸本進/天津公宏 工学出版 土木法規の基礎知識を系統的に配列し、平易に解説した、土木関係者の役に立つ必携の実用書。
B-1 235 すぐに役立つ 土木法規の知識 1997 石井一郎/亀野辰三 鹿島出版会 これだけは知っておきたい土木法規の基礎知識を概説した入門書。参考用テキストに最適。
B-1 296 建築法規の基礎 1996年 1996 岸本進・松山孝彦 工学出版 広範囲にわたる建設関係法規の基礎的知識を系統的にわかりやすく解説
B-1 437 定款 平成4年 1997 日本道路協会 日本道路協会 鋼道路橋の疲労についての基本的知識、点検方法、損傷発見後の対応、補修補強方法の解説及び対策事例。
B-1 438 定款 平成4年 2002 日本道路協会 日本道路協会 鋼道路橋の設計段階から疲労に対する配慮が行われることで必要な耐久性が確保されることを目的に、疲労設計の基本的な考え方をまとめた。
B-1 494 都市計画法令要覧 1998 都市計画法制研究会 株式会社ぎょうせい  
B-1 498 最新建設工事技術者のための法令集 1984 土木施工管理技師研究会/播磨栄一 東洋書店 日常業務や土木施工管理技師検定試験対策としても活用で来る法規を収録。
B-1 499 防火管理六法 1994 消防法規研究会 東京法令出版株式会社  
B-1 503 建設・不動産六法 平成11年版 1999 坂本一洋 学陽書房  
B-1 552 高知県用対連編集用地事務取扱例規集 1974 高知県用地対策連絡協議会 第一法規株式会社  
B-1 628 管工事施工管理関係法規集 1 1979 財団法人全国建設研修センター 新日本法規出版株式会社  
B-1 629 管工事施工管理関係法規集 2 1979 財団法人全国建設研修センター 新日本法規出版株式会社  
B-2 435 高知県土木部・技術関係通達集 平成10年 1998 高知県土木部 高知県建設技術公社  
B-2 500 土地家屋の法律知識 1995 長谷川秀記 自由国民社 最新の法令と実例による紛争、税務の全対策を収録。
B-2 548 土地収用法実務提要 1995 建設省建設経済局総務課 第一法規株式会社  
B-2 553 公共用地の取得に伴う用対連基準の解説 1 1992 用地補償実務研究会 第一法規株式会社  
B-2 554 公共用地の取得に伴う用対連基準の解説 2 1992 用地補償実務研究会 第一法規株式会社  
B-2 567 環境基準・規制宅策の実務 1 1997 環境法令研究会 第一法規株式会社  
B-2 568 環境基準・規制宅策の実務 2 1997 環境法令研究会 第一法規株式会社  
B-2 569 環境基準・規制宅策の実務 3 1997 環境法令研究会 第一法規株式会社  
B-2 595 チェックリスト 廃棄物処理基準 1 1998 廃棄物処理実務研究会 第一法規株式会社  
B-2 596 チェックリスト 廃棄物処理基準 2 1998 廃棄物処理実務研究会 第一法規株式会社  
B-2 609 チェックリスト 環境保全基準 1 1999 環境保全基準研究会 第一法規株式会社  
B-2 610 チェックリスト 環境保全基準 2 1999 環境保全基準研究会 第一法規株式会社  
B-2 630 問答式管工事施工管理の実務 1 1979 財団法人全国建設研修センター 新日本法規出版株式会社  
B-2 631 問答式管工事施工管理の実務 2 1979 財団法人全国建設研修センター 新日本法規出版株式会社  
B-2 632 問答式公共工事の契約の実務 1 1990 建設省工事契約制度研究会 新日本法規出版株式会社  
B-2 633 問答式公共工事の契約の実務 2 1990 建設省工事契約制度研究会 新日本法規出版株式会社  
B-2 634 問答式都市計画・開発法規の実務 1 1990 都市計画実務研究会 新日本法規出版株式会社  
B-2 635 問答式都市計画・開発法規の実務 2 1990 都市計画実務研究会 新日本法規出版株式会社  
B-2 647 管工事関係JIS要覧 1 1982 財団法人全国建設研修センター 新日本法規出版株式会社  
B-2 648 管工事関係JIS要覧 2 1982 財団法人全国建設研修センター 新日本法規出版株式会社  
B-2 649 管工事関係JIS要覧 3 1982 財団法人全国建設研修センター 新日本法規出版株式会社  
B-2 652 土木関係JIS要覧 1 1971 福田武雄・友永和夫・福岡正巳 新日本法規出版株式会社 一般・通則、試験・検査(上)
B-2 654 土木関係JIS要覧 2 1971 福田武雄・友永和夫・福岡正巳 新日本法規出版株式会社 材料・資材(上)
B-2 655 土木関係JIS要覧 3 1971 福田武雄・友永和夫・福岡正巳 新日本法規出版株式会社 材料・資材(中)
B-2 656 土木関係JIS要覧 4 1971 福田武雄・友永和夫・福岡正巳 新日本法規出版株式会社 材料・資材(下)
機械・器具(上)
B-2 658 公益法人会計基準の解説 1993 竹村健一 PHP研究所  
B-3 173 公共工事の品質確保等のための行動指針 1998   全日本建設技術協会 発注者と民間の有する技術の結集等について、中間的に検討の状況をとりまとめ、その後の検討も踏まえ、今般、発注者の役割を「発注者責任」として整理するとともに、個別施策についての行動指針をとりまとめたものである。
B-3 174 解説 公共土木工事検査の体系・技術・実際 1998   全日本建設技術協会 検査の考え方、根拠法令から検査技術、具体的検査手法に至る幅広い内容について実例写真等も活用し説明したもの。
B-3 181 公共工事コスト縮減対策に関する建設省新行動計画の解説 1997   全日本建設技術協会 政府行動指針を引用しつつ建設省新行動計画について解説したもの。
B-3 549 公共工事の品質確保等のための行動指針 1998 建設大臣官房技術調査室 全日本建設技術協会  
B-3 694 平成16年版 国土交通白書 2004 国土交通省 ぎょうせい  
C-2 9 最近の軟弱地盤工法と施工例 1991 日本建設機械化協会 日本建設機械化協会 最近の軟弱地盤対策工法の選択、各種工法の詳解及び使用機械、施工法、施工例を詳述。
C-2 10 トラブル防ぐための ボーリングデータの見方と活用ノウハウ 1997 三橋晃司ほか 近代図書 ボーリングデータからどのように情報を読みとり、設計・施工上役立てたかを解説。
C-2 11 最新の薬液注入工法の設計と施工例 1994 福岡正巳 近代図書 薬液注入を工法別・目的別・土質別・注入材別に、工事例を選び発注機関別に詳述。
C-2 215 現場技術者のための砂防・地すべり防止工事ポケットブック 1968 矢野/谷/鈞谷/渡 山海堂 砂防・地すべりの調査から対策までを記載。
C-2 219 斜面・盛土補強土工法技術総覧 1995 斜面・盛土補強土工法技術総覧編集委員会 産業技術サービスセンター 斜面・盛土補強土工法の技術書。
C-2 301 地すべり鋼管杭設計要領 1990 地すべり鋼管杭設計施工要領検討委員会 地すべり対策技術協会 知すべり鋼管杭の最新の技術レベルを体系的に整理編纂した
C-3 349 セメント系固化材による地盤改良マニュアル 1985 セメント協会 セメント協会 セメント協会に設けられたセメント系固化材研究会において経験技術、最新情報をまとめた
C-3 478 地盤調査法 1997 土質調査法改訂編集委員会 地盤工学会  
C-3 482 土質試験 基本と手引き 2001 土の試験実習書(第三回改訂版)編集委員会 地盤工学会  
C-3 483 土質試験の方法と解説 2001 土の試験実習書(第三回改訂版)編集委員会 地盤工学会  
C-3 695 基本からわかる土質のトラブル回避術 2004 右城猛 日経コンストラクション  
C-4 12 新体系土木工学 15 土質調査法 1987 阪口理/梅原靖文 技報堂出版 ボーリングから試験、結果の処理・判定、更には地盤改良まで事例をまじえ解説した書。
C-4 13 設計までの土質調査法と土質試験法 1983 三木五三郎 鹿島出版会 土質調査の計画から土質試験の実施、そして、その結果の活用と一貫して実例で解説。
C-4 78 地すべり調査と解析 −実例に基づく調査・解析法− 1994 谷口敏雄/藤原明敏 理工図書 技術者を対象に、調査と解析を解説。地すべり防止対策の合理的な計画検討に役立つ実務書。
C-4 112 わかりやすい土木技術 土質調査の基礎知識 1996 小松田精吉 鹿島出版会 土質調査の計画から調査結果の活用までを解説した、調査業務に携わる技術者の座右の書。
C-4 116 軟岩  −調査・設計・施工の基本と事例− 1995 土木学会岩盤力学委員会 土木学会 地下工事の施工で、まだ性質が未明の軟岩を取り上げ、基本的な条項を平易に解説。
C-5 109 土質工学ハンドブック 1997 土質工学ハンドブック改訂編集委員会 地盤工学会 土質工学のあらゆる部門をもれなく取り上げ、系統だった解説を加えた一大集成。
C-5 110 わかりやすい土の力学 1995 今井五郎 鹿島出版会 用語・記号の一つの意味から説きおこし、初学者にも理解できるように解説した入門書。
C-5 111 軟弱地盤の土質工学 予測と実際 1994 稲田倍穂 鹿島出版会 最新の観測データに基づき、工事をスムーズに進めるポイントや経験的知識を解説。
C-5 113 建設工事における地質工学 1985 高橋彦治/菊池宏吉/吉川恵也/桜井孝 鹿島出版会 土木技術者の泣きどころである地質工学の考え方、対応の仕方のポイントを解説。
C-5 114 土木技術者のための地質学 1997 高橋彦治 鹿島出版会 永年にわたる著者の体験と研究の成果から、地質的問題を実務に役立つように記述。
C-5 115 岩の力学 基礎から応用まで 1995 日本材料学会 丸善 基本的事項から構造地質学、地球物理学、岩石力学、岩盤工学、への応用まで、研究成果を網羅。
C-5 196 地すべり工学 〜理論と実践〜 1994 申 潤植 山海堂 地すべり工学を、12の各論を示して体系的に述べ、理論面、現場摘用面で役立つ内容とした。
C-5 253 土質・コンクリート試験ハンドブック 1999 建設技術教育研究所 オーム社 多くの試験項目を取り上げ、品質管理に必要な知識が得られるように作られたもの
C-5 304 地下水ハンドブック 1998 地下水ハンドブック編集委員会 建設産業調査会 地下水に関わる諸問題についての基本の解明、問題点の解析、具体的な対応についてまとめる
C-5 588 建設技術者のための岩石学 1980 関陽太郎 共立出版  
D-3 358 応用水利学 上 1957 石原藤次郎 本間仁 丸善 実際方向から見た各分野ごとの水理学的諸問題を解説 内外の最近の研究成果を取り入れ平易に説明
D-3 359 応用水利学 中T 1958 石原藤次郎 本間仁 丸善 実際方向から見た各分野ごとの水理学的諸問題を解説 内外の最近の研究成果を取り入れ平易に説明
D-3 360 応用水利学 中U 1958 石原藤次郎 本間仁 丸善 実際方向から見た各分野ごとの水理学的諸問題を解説 内外の最近の研究成果を取り入れ平易に説明
D-3 361 開水路の水利学 1959 後藤寧次郎 水野一明 丸善 射流、跳流、背水現象についての丁寧な解説、多くのグラフトス雨量で計算を簡易に、実際的な計算の順序方法を教示
D-3 362 開水路の水利学 T 1962 石原藤次郎(訳) 丸善 関水路の水理学に関する理論と実際的な水理計算の方法手順を懇切に解説
D-3 363 開水路の水利学 U 1962 石原藤次郎(訳) 丸善 関水路の水理学に関する理論と実際的な水理計算の方法手順を懇切に解説
D-3 364 水利学 1967 本間仁 丸善 水圧に関する問題、エネルギーの消耗を無視した運動、管内の流れ、開水路の流れ、水と個体の相関運動、地下水の流れなど水野運動に関する力学的諸問題を取り扱う
D-3 365 物部水利学 1962 本間仁 安芸皎一 丸善 一般水理学についてハンドブック的性格で詳述
D-3 366 水工学便覧 1966 沼知福三郎 本間仁 森北出版 土木工学、機械工学、農業工学、地学など独立して研究されてきた水の問題を統合して編纂
D-4 23 水理公式集例題集 1988 土木学会水理委員会 土木学会 水理公式集に採用されている公式・図表等に基づいて具体的な、水理計算・水理設計及びそれらの実施例につき、例題・解説を提示したもの。
E-1 140 新版・測量用語解説 1996 檀原毅 日本測量協会 現代の測量にとって必要最低限の用語約1550語を厳選しわかりやすく解説。見出し語に英語付記。
E-3 45 都市整備シリーズ 土地区画整理の確定測量 1995 都市整備研究会 理工図書 昭和62年改訂の「建設省土地区画整理事業測量作業規程」に準拠し、詳細に解説する。
E-3 68 絵で見る 基準点測量 1997 中堀義郎/國見利夫 山海堂 広く行われている基準点測量について、平易に理解できるようにイラストを多用して解説。
E-3 186 応用測量 1998 檀原 毅/広部 正信/千葉 喜味夫 日本測量協会 応用測量の基礎知識をまとめ、後編に各論として特に説明を必要とする測量を目的別に解説。
E-4 197 建設省 公共測量作業規程 1998   日本測量協会 平成8年度版
E-4 198 建設省 公共測量作業規程記載要領 1997   日本測量協会 平成8年度版
E-5 209 ジオインフォマチックスの世界 〜トップマネージャーへのメッセージ〜 1996 村井 俊治 日本測量協会 ジオインフォマチックス(明日の世代の測量技術)の話題をあげ現状の概観と未来技術を展望。
F-1 659 大型ブロック積み擁壁設計・施工マニュアル(改訂版) 2001 耐震性大型コンクリートブロック積み擁壁に関する研究委員会 研究委員会事務局  
F-2 118 コンクリート構造物の補修ハンドブック 1997 コンクリート構造物の補修ハンドブック編集委員会 技報堂出版 コンクリート構造物の様々の変状や事故に応じて106の補修事例と調査法、工法を解説。
F-2 121 わかりやすい セメントとコンクリートの知識 1996 山田順治/有泉昌共 鹿島出版会 主として化学現象を解説し、よりよく設計し、また補修するための基礎的考え方を述べる。
F-2 214 現場技術者のためのコンクリート工事ポケットブック 1972 大内/秋元/小原/小県 山海堂 本書は、コンクリートの性質、コンクリートの配合などから施工までを解説。
F-2 370 コンクリートハンドブック 1957 近藤泰夫 坂静男 朝倉書店 多くの実験試料、施工例、試験方法を交え材料、コンクリート、施工、鉄筋コンクリート設計資料を集成
F-2 371 コンクリート及び鉄筋コンクリート施工方法 1956 吉田徳次郎 丸善 コンクリートの勉強を始める学生やコンクリート工事従事者かコンクリート及び鉄筋コンクリートの施工方法をわかりやすく会得でき留よう編集された
F-2 437 鋼橋の疲労 1997 日本道路協会 日本道路協会 鋼道路橋の疲労についての基本的知識、点検方法、損傷発見後の対応、補修補強方法の解説及び対策事例。
F-2 438 綱道路橋の疲労設計指針 2002 日本道路協会 日本道路協会 鋼道路橋の設計段階から疲労に対する配慮が行われることで必要な耐久性が確保されることを目的に、疲労設計の基本的な考え方をまとめた。
F-3 120 コンクリートのはなし 1996 大成建設技術開発部 日本実業出版社 産業や生活に欠かせないコンクリートの不思議なしくみと先端技術を、科学の視点から解析。
G-1 16 道路橋示方書W 下部構造編による橋梁下部構造の設計法と設計例 1993 浅沼秀弥 近代図書 示方書の技術基準を説明し、補足的な説明や具体的適用方を解説。役に立つ設計例収録。
G-2 61 土木構造物設計計算例シリーズ@ 鋼桁橋の設計計算例 1995 山寺徳明/大貫一生/高野晴夫/池内武文/小田桐直幸/吉原忠 山海堂 新しい道路橋示方書鋼橋編に基づいた設計計算例集。実際の設計に役立つ参考書。
G-2 62 土木構造物設計計算例シリーズA プレストレストコンクリート上部構造の設計計算例 1997 秋元泰輔/箕作光一/鈴木素彦/一桝久允/横溝幸雄 山海堂 プレテンション方式単純床版橋橋/ポストテンション方式単純T型橋他の設計計算例。
G-2 63 土木構造物設計計算例シリーズB 鉄筋コンクリート上部構造の設計計算例 1997 佐伯彰一/工藤真之助/水谷美登志/秋谷五郎/鬼丸敏男/手塚薫 山海堂 鉄筋コンクリート橋の充実床版と中空床版の床版橋およびT型橋の設計計算を示す。
G-2 65 土木構造物設計計算例シリーズD 直接基礎および橋台・橋脚躯体の設計計算例 1995 平原勲/山口允朗 山海堂 橋梁及び基礎構造物に関する示方書・指針類の最新版に準拠して具体的に記述。
G-2 135 施工管理のチェックポイント 橋梁基礎編 1976 吉田喜市/三瀬純/近藤健雄/中島英治/長谷川明機/小野正二/青木秀郎  鹿島出版会 現場での作業の順を追って各工法の留意点を記述。また失敗例と処置法も具体的に記述。
G-2 136 実例で見る PC橋梁の耐久性向上技術 1992 中部セメントコンクリート研究会 プレストレストコンクリート建設業協会 理工学社 コンクリート損傷の未然の防止と、耐久性向上のための設計・施工上の要点をわかりやすく図解。
G-2 137 レオンハルトのコンクリート講座E コンクリート橋 1985 横道英雄/成井信/上阪康雄 鹿島出版会 設計にあたっての支間長、構造形式、桁高、橋脚、支承形式等の決定のポイントを指摘。
G-2 160 コンクリート橋の設計と計算 1997 猪又稔 工学出版 道路橋の設計や計算に役立つように具体的にわかりやすく記述し、実際の設計計算法の習得書。
G-2 217 現場技術者のための橋りょう工事ポケットブック(T)−改訂版− 1972 鈴木/三上/青木/岡田 山海堂 一般的事項/基礎工/鉄筋コンクリート工他。
G-2 218 現場技術者のための橋りょう工事ポケットブック(U) 1970 鈴木/三上/池田/青木 山海堂 鋼ゲタ工/上部仕上げ工/取付道路工/維持補修他。
G-2 372 橋梁の計画と設計 1973 橋梁と基礎編集委員会 全日本建設技術協会 橋梁に関する技術上の問題点や示方書、指針等との関係、実用的な設計計算例についてまとめた
G-2 547 橋梁架設工事の積算(平成15年度版) 2003 日本建設機械化協会 日本建設機械化協会  
G-3 132 橋の景観デザインを考える 1994 篠原修/鋼橋技術研究会 技報堂出版 デザインの考え方、評価の仕方、設計施工時の対処など、30の問いかけにわかりやすく答える。
G-3 133 美しい橋のデザインマニュアル第2集 1993 土木学会出版委員会 土木学会 初版のマニュアルを受け美しい橋を設計する場合の基本となる概念として、連続性をとりあげる。
G-3 134 人道橋の景観設計 その機能と美しさ 1994 関西道路研究会/道路橋調査研究委員会 鹿島出版会 快適に利用される人道橋の建設のために役立つ資料を満載。橋梁関係者必備のマニュアル。
G-4 3 橋の歴史 −紀元1300年ごろまで− 1992 山本宏 森北出版 図や写真を多用し、橋の歴史をわかりやすく解説する。日本編と世界編に分け別々に解説。
G-4 175 阪神・淡路大震災調査報告書 土木構造物の被害 第1章 橋梁 1996 阪神・淡路大震災調査報告編集委員会 土木学会 土木学会、地盤工学会、日本機械学会、日本建築学会、日本地震学会がとりまとめた被害報告。
G-4 270 来島大橋 下部工東工事3P・4A工事記録写真集 1997      本州四国連絡橋公団第三建設局/熊谷・大林・飛島・戸田・五洋JV 来島大橋下部工東工事期間中の代表的な施工状況、設備等をまとめたもの。
G-4 288 丸山新蔵ノート(高知県下の橋梁設計計算書集) 2000 白川義和   高知県庁土木の先輩「丸山新蔵」の県内橋梁の設計計算が書き込まれたノートを複製、先人の苦労の跡を伝える一冊
G-4 562 綱道路橋の細部構造に関する資料集 平成3年7月 1991 日本道路協会 丸善  
G-4 611 瀬戸大橋全記録 1996 リバーフロント整備センター 山海堂  
H-1 281 解説 工作物設置許可基準 1998     山海堂 平成6年に制定された『工作物設置許可基準』の趣旨を踏まえた、適用に際しての解説書。
H-1 289 土木構造物設計ガイドライン 土木構造物設計マニュアル(案) 2000 建設省土木研究所 全日本建設技術協会 土木構造物を建設する際の生産性向上に資する設計の考え方を示したガイドラインと、その考え方をさらに詳しく解説
H-2 278 新道路土工指針による擁壁の設計法と計算例 1993 右城猛 理工図書 擁壁設計に最小限必要な事項を記述。公式の成立過程、適用上の留意点を詳しく平易に解説。
H-2 279 新・擁壁の設計法と計算例 1998 右城猛 理工図書 『新道路土工指針による擁壁の設計法と計算例』の全面改訂版
H-2 280 続・擁壁の設計法と計算例 1998 右城猛 理工図書 『新・擁壁の設計法と計算例』の続編
H-2 570 大臣認定・無被覆耐火構造床 合成スラブの設計・施工マニュアル 2002 合成スラブ工業会 合成スラブ工業会  
H-3 161 地震と土木構造物 1995 久保慶三郎 鹿島出版会 各土木構造物別に、地震に対しての強さ、弱さを、数多くの事例で紹介。
H-3 597 現場の失敗 2001 日経コンストラクション 日経BP社  
I-2 4 新しい道路土工指針に基づく 仮設構造物の設計法と実例 1992 本山蓊 近代図書 実際の設計計算例を収録し、現場の技術者でも容易に設計計算が可能になっている。
I-2 6 現場技術者のための N値を用いた基礎・土留の設計計算法と実例 1992 矢部正宏 近代図書 基礎・土留の設計法をN値という最も簡単に得られる数値を中心にして、整理解説。
I-2 67 土木構造物設計計算例シリーズF 仮設構造物の設計計算例 1995 矢作枢/岡原美知夫/高宮正英/川口敏夫  山海堂 設計(基本方針、土圧、許容応力度、土留め他)計算例(土止め、鋼管矢板、連続地中壁他)。
I-2 76 仮設構造物の設計計算例 1997 仮設構造物研究会 理工図書 各種仮設構造物の実例に基づき、実務者に役立つよう具体的かつわかりやすく詳述。
I-2 77 疑問に答える 路面覆工・仮桟橋の設計・施工ノウハウ 1996 和田克哉/松本洋之介 近代図書 初級技術者の質問を中心に、路面覆工・仮桟橋の設計・施工ノウハウをわかりやすく解説。
I-2 187 仮設計画ガイドブック(T) 〜計画から積算条件整備まで〜 1997   全日本建設技術協会 計画・設計から積算に携わる主に発注側の実務担当者の参考図書とすることを目的として、具体的な実例も示しつつ初心者にもわかり易くとりまとめたもの。
I-2 188 仮設計画ガイドブック(U) 〜計画から積算条件整備まで〜 1997   全日本建設技術協会 計画・設計から積算に携わる主に発注側の実務担当者の参考図書とすることを目的として、具体的な実例も示しつつ初心者にもわかり易くとりまとめたもの。
I-2 369 建設工事の仮設計画と実例 1971 富樫凱一 近代図書 地形・地質・現地条件により千差万別井である仮設・段取・工法の選択について貴重な経験と豊富な資料を基に集大成
I-2 469 仮設工マニュアル 2001   福井県建設技術公社  
J-1 487 道路土工−土質調査指針 1986 社団法人日本道路協会   各種調査、試験の結果の利用に役立つ図表の充実を図った指針書。
J-1 696 道路構造令の解説と運用 2004 日本道路協会 日本道路協会  
J-2 66 土木構造物設計計算例シリーズE 道路土構造物の設計計算例 1995 久楽勝行/小木芳国/山田邦光/鈴木剋之/田原賢二/工藤真之助 山海堂 擁壁、カルバート、盛土、法面保護工、排水工、踏掛板他の実際に役立つ設計計算例。
J-2 128 山地部道路の路線設計  −環境を考えた路線設計− 1995 遠藤作次 地人書館 技術的に困難な山地部道路の建設を、環境に及ぼす影響を極力少なくしながら計画、設計する。
J-2 164 −調査・計画・設計・施工・管理のための− 最新道路ハンドブック 1998 道路ハンドブック編集委員会 建設産業調査会 道路建設、維持管理そして、道路交通運用の実務に、諸先輩始め数知れない多くの方々によって積上げられてきた道路技術の集大成として道路技術のより一層の進歩の源泉として、役にたつもの。
J-2 216 現場技術員のための新版道路工事ポケットブック 1972 多田宏行/矢部正宏 山海堂 道路工事の現場において、手軽に参考できる本。
J-3 37 交通工学実務双書8 道路交通の管理と運用 1993 交通工学研究会/岡本博之 技術書院 交通規制、交通信号、系統制御、交通官制、交通対策、交通運用、対策と方法、システム。
J-4 39 道のはなしT 1994 武部健一 技報堂出版 高速道路はなぜ国分寺跡の近くを通るのか?高速道路の古代回帰を導入部として、道の歴史、文化、技術、人との関わりを軸に、古今東西の道のはなしを提供(道のはなしU含全34話)。
J-4 40 道のはなしU 1996 武部健一 技報堂出版 道のはなし続き。
J-4 129 新稿 道路工学 1993 松尾新一郎 山海堂 本書は、新道路構造令にそった最も新しい道路工学の教科書、ならびに技術参考書。
J-4 130 道路工学の基礎 1998 岸本進/日下部重幸 工学出版 新しい「道路法」「道路構造令」により、道路工学の基礎をわかりやすく説明した参考書。
K-2 131 舗装工学 1995 土木学会土構造物および基礎委員会 土木学会 独自の要項に基づいた設計・施工を行い、技術的蓄積を体系化した。
K-2 201 プラント再生舗装技術指針 1997   日本道路協会 平成4年度版
K-2 563 舗装の構造に関する技術基準・同解説 2001 日本道路協会 丸善  
K-3 38 景観舗装の知識 1995 鈴木敏 技報堂出版 景観・環境・文化等を考慮に入れた舗装の考え方と、各種舗装材料・施工方法を平易に紹介。
K-4 154 図解土木講座 アスファルト混合物の知識 1996 小谷昇/井田敏行/森田幸義  技報堂出版 イラストと2色刷を用い、基本知識が容易に習得できる画期的入門書。
L-1 290 改定解説・河川管理施設等構造令 2000 国土開発技術研究センター 日本河川協会 S53年3月に発行された「解説・河川管理施設等構造令」を河川法や構造令等の改正、技術基準類の整備等に対応して改定した
L-2 211 多自然型河川工法設計施工要領『暫定案』 1993   山海堂 平成5年度版。
L-2 351 パソコンによる調節地の計画と設計 1988 都市水文研究グループ 山海堂 調整池の設計計算プログラムを収録した調整池計画設計の参考資料
L-2 589 現場技術者のための河川工事ポケットブック 1984 玉光弘明 山海堂  
L-3 25 川の風景を考える 景観設計ガイドライン(護岸) 1996 リバーフロント整備センター 山海堂 河川における護岸を対象とした、景観設計の考え方と方法を豊富なカラー写真を示して解説。
L-3 36 まちと水辺に豊かな自然をU 多自然型川づくりを考える 1997 リバーフロント整備センター 山海堂 環境に調和した川づくりを国内外の事例をもとに、図・写真(オールカラー)を豊富に示す。
L-3 47 河川風景デザイン 1996 島谷幸宏 山海堂 河川景観の計画・設計を行う際の重要事項及び良好な環境デザインの手法を述べた。
L-3 49 水辺の景観設計 1995 土木学会 技報堂出版 豊富な実施例を基に、アメニティあふれかつ美しい環境設計を行うためのノウハウを提示。
L-3 122 川の親水プランとデザイン これからの親水計画ガイドライン 1997 リバーフロント整備センター 山海堂 河川審議会が答申した「河川環境のあり方」について、その内容と審議過程を解説。
L-3 126 河川汚濁のモデル解析 1997 國松孝男/村岡浩爾 技報堂出版 近年の広域的・重層的水質汚濁に対応、精度の高い負荷量の解析法と流下現象の解明を詳述。
L-3 302 今後の河川整備はいかにあるべきか 1992 建設省河川局 日本河川協会 河川審議会が答申した「今後の河川整備はいかにあるべきか」についての内容
L-3 309 川の自然環境に配慮した環境工法の取り組み 1999 災害復旧工法研究会 全国防災協会 全国各地で実施された近年の河川改修、災害復旧工事の事例を使って環境保全型災害復旧工法の計画・設計等のポイントを具体的に紹介
L-3 310 人と自然の共生モデル事例集 2000 高知県四万十川対策室 四万十川対策室 「清流四万十川総合プラン21」の成果をまとめた
L-3 311 四万十なんでも辞典 2000 高知県四万十川対策室 四万十川対策室 四万十川とその流域の自然と生物、人とくらし、観光・レジャー、環境保全の取り組みなどを1冊にまとめた
L-3 572 自然の復元 1998 松下忠洋 山海堂  
L-3 573 河川生態に関する資料 平成14年6月 2002 全国防災協会 全国防災協会  
L-3 575 多種多様な工法の収集事例   国土交通省 国土交通省  
L-3 590 今後の河川整備はいかにあるべきか 1992 建設省河川局 日本河川協会  
L-3 611 まちと水辺に豊かな自然をV多自然型川づくりの取り組みとポイント 1996 リバーフロント整備センター 山海堂  
L-4 352 技術水文学 1982 岡本芳美 日刊工業新聞社 洪水の流出計算、洪水の追跡計算、洪水の確率計算を行う方法の解説
L-4 353 都市河川の技術 1976 西澤賢二 大村書店 筆者の長年にわたる行政経験をもとに一般の河川工学と都市の複雑な行政の調和を大系づけた
L-4 354 河川工学 朝倉土木工学講座 1966 吉川秀夫 朝倉書店 河川工学を過去の経験を生かし一般普遍化するため数量的に取り扱えられるようまとめた
L-4 355 河川工学 講義と演習 1973 西畑勇夫 技報堂 河川に関する工学的問題の解析や工作物の設計法、それらの例題を交え現象の具体的理解を深める内容
L-4 356 新河川工法 1968 橋本規明 森北出版 護岸・水制・床固・堰堤等河川構造物の根固工法と法履工法及び荒廃河川の処理方法についての書
L-4 591 検証・長良川情報〜〜 1993 久野万太郎 同友館  
L-4 620 現代砂防の軌跡 1996 友松靖夫 田畑茂清 藤村敏夫 川出勝 砂防フロンティア整備推進機構  
L-4 686 地すべりと防止工法 1960 高野秀夫 地球出版  
L-4 687 地すべり・斜面崩壊の実態と対策 1971 山田剛二           渡正亮            小橋澄治 山海堂  
M-1 57 ダムの管理例規集 平成5年版 1994 建設省河川局開発課 ダム水源地環境整備センター 山海堂 ダム管理等に関する最新の関係法令、諸通達等を網羅した、関係者の必備書。
M-3 58 ダムのはなし 1996 竹林征三 技報堂出版 総合土木であるダムの歴史や語源、築造技術、技術者の逸話などを一話読み切りで語る 全14話。
M-3 624 桐見ダム定礎 1985     ビデオ
M-3 625 桐見ダム建設 1991     ビデオ
M-3 626 ダムその岩盤と基礎〜坂折川桐見ダム建設の記録〜       ビデオ
M-3 627 人に親しまれる自然にやさしいダムづくり   日本ダム協会 クロスメディア ビデオ
M-3 672 一滴の水 1983 山越幸吉 日向川治ダム対策委員会  
N-1 52 トンネル標準示方書「山岳工法編」・同解説 1997 土木学会トンネル工学委員会 土木学会 技術の進展に対応し、安全に工事を施工できる等情勢の変化に対応した事項等を掲載した。
N-1 53 トンネル標準示方書「シールド工法編」・同解説 1996 土木学会トンネル工学委員会 土木学会 技術の進歩に対応し、安全に工事を施工できる等情勢の変化に対応した事項等を掲載した。
N-1 284 道路トンネル技術基準(換気編)・同解説 1985 日本道路協会 日本道路協会 道路トンネルにおける換気施設の整備に関する一般的、技術的基準に具体的な解説を付加した。
N-1 285 道路トンネル安全施工技術指針 1996 日本道路協会 日本道路協会 山岳工法による道路トンネルを安全に施工するため、現場における実務作業者にわかりやすくまとめられた道路トンネル安全施工指針
N-2 54 新体系土木工学 70トンネル(T) −山岳トンネル− 1996 天野礼二/長友成樹 技報堂出版 土木学会示方書および指針に準拠して、開削・シールド・沈埋の3工法について詳述。
N-2 283 トンネルの施工と積算(改訂3版) 1999 トンネル施工積算研究会 建設物価調査会 トンネル工(ナトム工法)の実際の施工法と積算実例を系統的かつ簡潔にまとめたもの
N-2 303 実務家のための最新トンネルハンドブック 1999 トンネルハンドブック編集委員会 建設産業調査会 最新のトンネル技術の粋を網羅し、工法全般を解説した集大成
N-3 55 トンネルライブラリー第8号 都市NATMとシールド工法との境界領域 −設計法の現状と課題− 1996 土木学会トンネル工学委員会 土木学会 都市NATMとシールド工法との設計方法の比較や両工法におけるトンネル覆工等を掲載した。
N-3 56 ジオフロントを拓く 最新のシールドトンネル技術 1990 最新のシールドトンネル技術編集委員会 技術書院 シールド工法の発展と現状を多数の図表を使って明快に解説。市街地地下開発の新技術も収録。
O-3 162 港湾工学概論 1992 長尾義三/佐々木伸 共立出版 我が国港湾界の第一人者である筆者が、最新の港湾工学の全体像を実際に沿って編集した。
O-3 373 漁港の防波堤・けい船岸等の設計指針と計算例 1979 漁港構造物設計計算例策定委員会 全国漁港協会 漁港構造物のうち最も重要な防波堤、けい船岸、海岸護岸等について、設計方針、設計計算の方法を主要な形式・構造ごとに解説
O-4 125 海岸波動 【波・構造物・地盤の相互作用の解析法】 1994 土木学会海岸工学委員会 土木学会 海岸波浪・構造物・地盤の相互干渉の解析手法を網羅的にレビュー。
O-4 176 日本の海岸侵食 1997 宇多 高明 山海堂 著者が現地調査を行った全国の海岸、湖沼における侵食の実態を図表・写真を用いて解明。
P-1 368 基礎と地盤 1973 土木学会 土木学会 基礎と地盤に関する専門家の多年にわたる貴重な体験と広い知識により最新の技術を取りまとめた
P-2 7 現場技術者のための 最新の基礎工法の設計 1977 松崎彬麿/玉野治光 近代図書 最新の基礎工法の計画、設計について設計方法など設計計算例を収録。
P-2 14 わかりやすい土木技術 杭基礎の耐震設計 1983 矢作枢/和田克哉 鹿島出版会 地盤調査と設計の関わりから耐震設計、計算例など、実務者に必要な知識を選び解説。
P-2 17 トラブルを防ぐ杭基礎工法のノウハウ 1997 三橋晃司ほか 近代図書 杭基礎の設計・施工に伴うトラブルの特徴とその防止対策のノウハウを誰でもわかるように記述。
P-2 19 現場技術者のためのリバース工法 1984 山本公夫 理工図書 場所打ち杭の歴史からリバース掘削機の特徴、及び施工上の泥水管理まで詳述。
P-2 20 新体系土木工学 45 基礎工(T)−構造物の基礎− 1993 大橋勝弘/矢作枢 技報堂出版 一般的な道路を基本に、鉄道を含め設計法全般と計算に必要な諸数値を体系的にまとめた。
P-2 21 新体系土木工学 46 基礎工(U)−特殊工法− 1979 上田勝基/中村靖 技報堂出版 基礎工のうち特殊な性格をもつ工法を収録。計画、設計、施工の新しい成果を平易に解説。
P-2 64 土木構造物設計計算例シリーズC 杭・ケーソンおよび鋼管矢板基礎の設計計算例 1995 岡原美知夫/高木章次/五十嵐功/川上圭二/前田良刀/藤田宏一 山海堂 新しい設計指針に準拠した、杭、ケーソン基礎に、大規模中基礎工法を加えて解説。
P-2 468 基礎工設計マニュアル 2000   福井県建設技術公社  
Q-1 244 美しい山河を守る災害復旧基本方針 1999 建設省河川局防災・海岸課 全国防災協会 平成11年度版。
Q-1 248 直轄河川災害復旧事業の手引き 1999 直轄河川災害復旧研究会 全日本建設技術協会 平成11年度版。
Q-1 263 美しい山河を守る災害復旧基本方針改訂版及び災害復旧改良編・解説版 1999   全国防災協会 平成11年度版。
Q-1 307 災害復旧工事の設計要領平成12年 2000 全国防災協会 全国防災協会 査定設計書を迅速・適正に作成する参考になるよう、査定設計書作成要領、積算上の留意事項、査定設計書標準部掛、設計参考資料及び改良復旧計画等の各項目に分けたわかりやすい解説や事例
Q-1 520 地球はいきている地震と活断層 1998 日本防災研究会 日本防災協会出版局  
Q-1 550 南海地震にそなえる 1996 高知新聞社 高知新聞社  
Q-1 574 美しい山河を守る災害復旧基本方針平成14年 2002 全国防災協会 全国防災協会  
Q-2 108 土木技術者のための現地踏査 1997 島博保 鹿島出版会 現地踏査について、これまでの種々の例をあげながら災害対策、工費低減等を解説。
Q-2 146 落石防止防護工法 1984 三上善蔵 理工図書 最近増加している落石事故を防ぐための設計施工について、実例に基づき詳述した実務書。
Q-2 441 阪神・淡路大震災復旧記録 海・港・川 よみがえるウォーターフロント 1997 兵庫県建設技術センター 兵庫県尼崎港管理事務所 1995年1月17日に起こった阪神・淡路大震災復旧記録。
Q-2 488 土木施設災害復旧の机上査定添付写真の撮り方 1987 社団法人全日本建設技術協会   カラー写真の多様により,撮影上の留意事項、模範事例を組み入れた能率的な査定を行うための一冊。
Q-2 539 研究報告第一号砂防数値シミュレーションにおけるモデルの特性に関する研究 2000 砂防・地すべり技術センター 砂防・地すべり技術センター  
Q-3 163 被害から学ぶ地震工学 現象を素直に見つめて 1995 伯野元彦/目黒公郎 鹿島出版会 カラー写真と解説文による地震防災のための教養書。
Q-3 207 技術者のための災害復旧問答集−改訂版− 1997 災害復旧工法研究会 全日本建設技術協会 はじめて災害復旧事業に携わる担当職員の方々を対象とし、災害復旧事業に関する事例や用語等を「Q&A」形式にて、努めて平易でわかりやすく解説したもの。
Q-4 249 平成10年発生災害採択事例集 1999   全国防災協会 事例集。
Q-4 297 被災地の人々 1998 大井英臣、佐藤由美、G・コイララ ネパール治水砂防技術交流会 ネパール1993年7月水害被害者の証言
Q-4 357 水災害の科学 1971 矢野勝正 技報堂 水災害科学に関する研究成果を体系的に整理し、残された多くの問題点を探り、今後の研究の進め方を検討
Q-4 522 阪神・淡路大震災誌[土木施設の地震災害記録] 1997 兵庫県土木部 兵庫県土木部  
Q-4 523 創立70周年記念出版大震災に学ぶ 1998 社団法人土木学会関西支部 社団法人土木学会関西支部  
Q-4 524 大自然からの警鐘 平成の三大自然災害 1995 稲葉光則 日本政経新報社  
Q-4 578 大震災をみつめる 1995 三木克彦 大成出版社  
Q-4 579 平成十三年九月六日高知県西南豪雨災害体験集 2002 国土交通省四国地方整備局 国土交通省四国地方整備局  
Q-4 580 動くとき、動くもの 2002 青木奈緒 講談社  
Q-4 587 昭和五十一年十七号台風災害誌 1980 高知市円行寺公民館 高知市円行寺公民館  
Q-4 621 落石・土砂崩壊検知システム   日本工営   ビデオ
Q-4 622 BSフォーラム「土砂災害防止と危機管理」 1995 NHK   ビデオ
Q-4 623 高知県台風災害の歴史 1994 RKCライブラリー   ビデオ
Q-4 636 琵琶湖と淀川   国交省河川局・港湾局・気象庁 他   CD-ROM
Q-4 646 平成十三年九月六日高知県西南豪雨災害体験集 2002 国土交通省四国地方整備局 国土交通省四国地方整備局  
Q-4 698 台風15号被災状況空撮「高知県土佐町、大川村、本川村」平成16年8月 2004     ビデオ
Q-5 260 災害査定研修テキスト 1998 災害復旧工法研究会 全国防災協会 平成10年5月 改訂版
Q-5 262 公共土木施設災害復旧の災害査定添付写真の撮り方 1998 災害復旧工法研究会 全日本建設技術協会 平成10年 改訂版
R-1 291 平成12年度版建設機械経費の積算 2000      
R-3 31 管きょの積算と実例 下水道工事積算の実際 改訂7版 1997 下水道工事積算研究会 建設物価調査会 管きょ及び小口径管推進工法の積算まで、初心者にもわかり易く解説した積算技術書。
R-3 245 下水道工事の積算 改訂6版 1997 下水道工事積算編集研究所 経済調査会 下水道工事の設計積算に必要な工法・工種をすべて網羅し、基礎から応用まで体系的に解説。
S-2 42 緑空間の計画と設計 1995 中島宏/五十嵐誠/近藤三雄 経済調査会 緑化空間の意義と最新動向のほか、計画・施工の手法、ポイントを実例を交えて紹介。
S-2 44 水路が喜ぶ 水路の親水空間計画とデザイン 1996 渡部一二 技報堂出版 水路を、まちづくりの「環境の核」として再生させるための計画技術、デザイン手法等を提示。
S-2 46 街路の景観設計 1995 土木学会 技報堂出版 美しい街路景観を形成するための考え方と手法を、内外既存街路の実例(500余)をあげ解説。
S-2 127 実務者のための建設環境技術 1996 竹林征三 山海堂 建設技術に携わる環境問題に直面する現場技術者のために、近年の土木研究所の研究を収録。
S-2 139 構造デザイン 1992 土木学会誌編集委員会 土木学会 本書は土木構造物を景観設計面からとりまとめ、カラーで紹介したユニークな読み物である。
S-2 401 木でつくる公共空間ビジュアルブック 2000 高知県 高知県 高知県の公共事業での木材利用事例集
S-3 34 建設副産物・廃棄物のリサイクル 1994 本多淳裕/山田優 省エネルギーセンター 各種建設副産物・廃棄物の発生原因、特性、処理・処分の実態、リサイクルの方法を解説。
S-3 295 建設副産物適正処理推進要綱の解説 1999 建設副産物リサイクル広報推進会議 大成出版社 98改正の同要綱について、わかりやすく逐条解説 建設副産物対策の手引き書
S-4 41 ランドスケープ・ハンドブック 1991 扇谷弘一 鹿島出版会 住宅、公園、オープンスペース、レクリエーション、児童の遊び場、庭園等を含む都市における、景観構成デザインに関する、現代の傾向を論じ続いて各節の内容及びランドスケープを施すスペースのデザインについて諸刊行物を掲示することによって実際のデザインについて指標を示したもの。
S-4 50 ランドスケープデザイン −設景の世界− 1994 小林治人 理工図書 多数の実例に生かされている計画・設計のコンセプトを、図面・写真をもとに紹介する。
S-4 51 ランドスケープデザイン2 −敷地造成、園路・広場− 1994 小林治人/青島利浩/ランドスケープ研究会 理工図書 敷地造成、園路・広場の資料を多数収録。写真と造園設計ディテール図に基づいて解説する。
S-4 79 ランドスケープデザイン3 −発想の展開と表現− 1996 小林治人/ランドスケープ研究会 理工図書 造園設計のイメージを表現する方法としてのパースの手法を、事例を交えて解説する。
S-4 191 ランドスケープデザイン8 〜景観シュミレーションの景〜 1997   マルモ出版 景観シュミレーションによるランドスケープデザインの紹介。
S-4 192 ランドスケープデザイン9 〜エコ・デザインの景〜 1997   マルモ出版 エコ・デザインによるランドスケープデザインの紹介。
S-4 193 ランドスケープデザイン12 〜水を生かす環境デザインの景〜 1998   マルモ出版 水を生かす環境デザインの紹介。
S-4 517 道・緑・景 1992 創立20周年記念出版編集委員会 社団法人道路緑化保全協会  
S-5 48 景観証明の手引き 1995 照明学会 コロナ社 快適な環境をつくりだす、”景観照明”の手法について写真を交え易しく解説した。
S-5 233 ビオトープネットワーク  都市・農村・自然の新秩序 1994 財団法人 日本生態系協会 ぎょうせい ビオトープ(動植物が生育生息する空間)を考える本。
S-5 234 ビオト−プネットワークU −環境の世紀を担う農業への挑戦− 1995 財団法人 日本生態系協会 ぎょうせい ビオトープ(動植物が生育生息する空間)を考える本。
S-5 312 川 日本の水環境・文化の明日を想う 1994 リバーフロント整備センター 山海堂 今後の河川行政の進むべき方向を議論する契機となるよう「水の環境・文化座懇談会」での意見や議論を取りまとめた
S-5 314 水の環境科学 1993 鈴木静男 内田老鶴圃 著者の長年にわたる水質分析の研究論文237編をもととする
S-5 315 都市の水辺(リバーフロント) 1993 重松敏則     高田昇 東方出版 1988.10.16「淀川・中津を語る会ー都市と川を考える」と題して催した講演会の記録
S-5 316 川よ 1999 天野礼子 日本放送出版協会 アウトドアライターである著者が川を取材し10年間に書いてきた川への想い等をまとめた
S-5 317 川と湖の博物館8共生の自然学 1997 森下郁子/森下依理子 山海堂 水に生息する様々な生物たちとの共生についての調査結果等
S-5 319 新時代の海の利用 1990 藤井清光     田中彰一 東京大学出版会 地球環境を守りながら技術を使って海を利用する方法について解説
S-5 320 浸水のまちから親水のまちへ 1992 孝忠延夫 法律文化社 野崎観音や大東災害で知られた大阪府大東市のまちづくりでの体験を記録した
S-5 321 自然大好き宣言 1999 日本環境教育フォーラム 小学館 環境庁設立した「自然体好きクラブ」の入会者から寄せられた「自然大好き宣言」の上位作品を紹介
S-5 322 今日の地球環境 1991 泉邦彦 秋本実 森泉 広井敏男 岩田進午 川崎健 新日本出版 オゾン層の破戒,CO2による気候変化、酸性雨、熱帯雨林の破壊、地球の砂漠化、海洋環境等の諸問題についての論文集
S-5 323 いま自然をどうみるか 1985 高木仁三郎 白水社 科学的・理性的な自然観と感性的・身体的な自然観の再結合により自然とのトータルな結びつきを再検証する。
S-5 324 荒ぶる自然 日本列島天変地異録 1997 高田宏 新潮社 福井地震、伊勢湾台風、伊豆大島噴火、三陸沿岸大津波、室戸台風、下北ヤマセ冷害他 わが国の天変地異の記録
S-5 325 新・生態学への招待 生物保全の生態学 1999 鷲谷いづみ 共立出版 森林破壊、砂漠の緑化、酸性雨、絶滅危惧種、干潟、地球温暖化等の問題をわかりやすく解説
S-5 326 地球 この限界 1995 綿抜邦彦 オーム社 地球規模での環境問題の深刻さが明らかになるにつれて、地球の限界も見えてきたのではないか?地球の限界=人間の限界という視点から、現代文明に継承をならす
S-5 327 エネルギーと地球環境 1997 犬飼英吉 丸善 物理、科学の予備知識抜きに読めるエネルギー・地球環境問題を知るための入門書 各種エネルギーの環境への影響、原子力発電の問題点等
S-5 328 21世紀へ環境学の試み 1995 山村恒年 槇村久子 高畑由起夫 横山孝雄 入江一恵 関根孝道 嵯峨野書院 各種の学問分野で取り上げられる環境問題に対してより包括的・体系的に環境問題を扱う環境学への入門書
S-5 329 生物の目で見る自然環境の保全 1996 遠山益 裳華房 自然環境と生物の関係の解説、環境の汚染や破壊の実態の解説、環境問題への取組事例の紹介する
S-5 330 地球環境の未来をさぐる 水・物質サイクルの変動と変化 1998 吉田尚弘 丸善 気候変動、植物などの生態系、水や窒素、炭素などの物質サイクル、大気・陸域の相互作用の「いま」を知り未来をさぐる。
S-5 331 環境ホルモンと日本の危機 1998 小島正美 井口泰泉 東京書籍 日本で遅れている「環境ホルモン」の研究、情報に関する発信
S-5 332 温暖化の衝撃 1997 船瀬俊介 三一書房 地球温暖化現象の実態を見つめ様々な面についてまとめた
S-5 333 グローバルな環境問題を考える 1993 中村元 福村出版 松阪大学開学10周年記念シンポジウム「グローバルな環境問題を考える」の記録
S-5 334 地球と人類は持続するか 1994 高辻正基 裳華房 あらゆる環境、エネルギー、食糧等あらゆる問題を前に地球と人類の持続可能性について提唱する
S-5 335 環境問題の社会理論 1989 鳥越皓之 御茶の水書房 7年間にわたる琵琶湖の環境についての調査を終えるにあたっての共同研究グループの考えをまとめた
S-5 336 人間は自然を守れるか 1989 岡部牧夫 三一書房 筆者自身の勉強や実践を出発点にした自然保護論・環境問題論をまとめた
S-5 337 地球を救うかんたんな50の方法 1990 The Earth・Works Group 講談社 地球を救うためにわたしたちができることや製品に関する正しい知識を盛り込んだ
S-5 338 地球が危ない 1989 中西一郎 新人物往来社 「土の劣化といのちの危機」を主題に環境問題への関心を提起する
S-5 339 だれにもわかる 環境ホルモンQ&A 1998 渡辺雄二 青木書店 環境ホルモンに関する知識等についてQ&A方式で解説
S-5 340 群落の分布と環境 1977 石塚和雄 朝倉書店 現代植物生態学の問題点を洗い出して解説する          植物生態学講座全5巻の1
S-5 341 群落の昨日と生産 1979 岩城英夫 朝倉書店 現代植物生態学の問題点を洗い出して解説する          植物生態学講座全5巻の3
S-5 342 群落の遷移とその機構 1977 沼田真 朝倉書店 現代植物生態学の問題点を洗い出して解説する          植物生態学講座全5巻の4
S-5 343 個体群の構造と機能 1980 小川房人 朝倉書店 現代植物生態学の問題点を洗い出して解説する          植物生態学講座全5巻の5
S-5 455 高知県遺跡地図 1996   高知県教育委員会 遺跡を保護するための基礎資料。
S-5 457 自然の復元 1998 松下忠洋 且R海堂 人間は大きな自然に生かされていること、ともに生きていくという大切なことを改めて考えさせられる感動の一冊。
S-5 514 土佐の森と自然 1993 第16回全国育樹祭高知県実行委員会事務局 第16回全国育樹祭高知県実行委員会  
S-5 515 土佐の森林 1978 高知県農林部林業課 高知県高知営林局  
S-5 576 山よ あすの指針求めて 1992 高知新聞社 高知新聞社  
S-5 577 地球を救う大変革 1993 比嘉照夫 サンマーク出版  
S-5 619 21世紀の水と環境 1992 ICWE UNCED資料研究会 大成出版社  
S-5 637 高潮防災のために   建設省近畿地方建設局 琵琶湖・淀川水質保全機構 ビジュアルサイエンス研究所 CD-ROM
S-5 650 市民の安全・環境 1989 木原啓吉 学陽書房  
S-5 660 高知県レッドデータブック[動物編]高知県の絶滅のおそれのある野生動物 2002 高知県レッドデータブック編集委員会 高知県文化環境部環境保全課  
S-5 680 野の教師 生き物たちの嘆き 1996 高橋蛙 近森謄写堂  
S-5 701 2時間でわかる図解最新板ISO14001早わかり 2002 白潟敏朗 中経出版  
T-1 299 下水道事業の手引き平成12年版 2000 下水道実務研究会  全国建設研修センター 下水道事業に携わる方々及び関心を持たれる方々に、是非知っておいていただきたい法令・通知やこれに基づく手続き等についてとりまとめた
T-1 700 下水道事業の手引き平成16年版 2004 下水道実務研究会 全国建設研修全ター  
T-2 28 雨水貯留施設の計画と設計住宅団地の雨水流出抑制 1995 熊谷純一郎/原田幸雄 鹿島出版会 団地開発の実務で得た流出抑制施設の計画・設計上のポイントを、実施例をもとに易しく解説。
T-2 29 下水道管きょ施工チェックリスト 1995 管きょ施工研究会 近代図書 下水道管きょの施工上の留意事項を作業の流れに従い、チェックリスト形式により解説。
T-2 30 下水道管きょ設計・積算チェックリスト 1996 建設省都市局下水道部公共下水道課/下水道管きょ設計・積算チェックリスト研究会 近代図書 都道府県・市町村の下水道技術者、設計コンサルタント、建設会社の技術者などの必携書。
T-2 32 シールド工法・推進工法選定比較マニュアル 1995 中本至 近代図書 各地方自治体の実例をもとに工法の比較検討を行うための判断条件、基準等の選定比較を詳述。
T-2 72 シールド工法の実際 1995 塚田章/三好迪男/高橋久/河田博之 鹿島出版会 シールド工法のすべてについて、設計から施工まで現場実務者向きに執筆した指針書。
T-2 73 推進工法の施工例集 1981 成田元一/志田幸盛 鹿島出版会 (施工例)短距離・普通・鋼管推進工法、セミシールド工法、圧気工法併用・二重管・ボックスカルバート推進工法(計画例)泥水加圧併用・ダクタイル管推進工法...他。 
T-2 74 推進工法の実際 1992 石橋信利/田中壬子也 鹿島出版会 推進工法の実務書として、各公共企業体の計画担当者・工事管理者、施工業者・コンサルタントの設計・施工管理者に実際に役立つように体系的にまとめたもの。
T-2 75 推進工法の設計と施工 1989 南野輝久 森北出版 先に中部推進工事業協会から刊行した「推進工法の力学」及び「推進工法の解析」を一冊に纏め、その後の検討を加えてかなり大幅に改訂し、補稿したもの。
T-2 298 そこが知りたい下水道実務Q&A(上)計画・施工編 1999 海野巌 下水道実務研究会  山海堂 下水道計画/下水道事業認可/流総計算・河川計画/管渠施工/沈下防止/注入工法等
T-3 27 圧力式下水道システム 技術とその適用 1989 柏谷衛 鹿島出版会 新しい下水輸送システムとして実用化された技術を、官民の第一線技術者により書き下ろした。
T-3 33 真空式下水道システム 技術とその適用 1992 柏谷衛 鹿島出版会 新しい下水輸送システムである真空式下水道についての解説啓蒙書。
T-3 144 わかりやすい土木技術 地下水処理工法 1997 藤原紀夫/山下幸夫 鹿島出版会 地下水調査、排水工法、事故例と対策など地下水処理工法全般を、実例を通して解説。
T-5 348 下水道革命 河川荒廃からの脱出 1989 石井勲 山田國廣 新評論 著者の考案した「石井式」水循環システムの解説を踏まえた水環境改善への提唱
U-1 158 土木工学の常識 PART1 1997 伊藤実/芦刈実/佐藤啓治 工学出版 これだけは知っておきたい常識的な用語や、公式の重要ポイントを図解や表でわかりやすく解説。
U-1 159 土木工学の常識 PART2 1997 伊藤実/芦刈実/佐藤啓治 工学出版 これだけは知っておきたい常識的な用語や、公式の重要ポイントを図解や表でわかりやすく解説。
U-1 213 建築・土木のことがわかる辞典 1998 ACEネットワーク 西東社 専門分野で活躍する著者が、建築・土木の過去から現在までの流れ、そして未来への動き、そして土木工法、建築の基礎をテーマとして掲げ、その項目の基本的知識をわかりやすく解説したもの。
U-2 2 土木設計の要点@設計の基本知識 1998 鹿島建設土木設計本部 鹿島出版会 幅広い種類の構造物に共通する基礎知識を解説.。@設計概論、A土質の基礎知識−他全3章。
U-2 117 これだけは知っておきたい 土木工事の失敗例と対策 1994 上原要三郎 鹿島出版会 現場作業のムリ・ムダ・ムラを解消し、スムーズに進めるためのコツをわかりやすく解説。
U-2 141 これだけは知っておきたい土工事の基礎知識 1996 阿部裕/松村夏樹/森屋誠二 鹿島出版会 著者らが今までに遭遇した問題の中から知っておいてほしい項目を上げ問題点と解決法を記述。
U-2 155 公共土木工事 工期設定の考え方と事例集 1996 建設大臣官房技術調査室/土木工事積算研究会 建設物価調査会 国のみならず地方自治体を含む全ての公共工事発注機関にとって適正かつ容易な工期算定を可能とするとともに、元請・下請契約にあたっても参考とすることにより、公共工事の適正な工期を確保し、より良質な社会資本が安全に整備されることを目的として作成されたもの。
U-2 156 公共土木工事設計変更事例集 1997 建設大臣官房技術調査室/日本建設情報総合センター 山海堂 施工条件が変更となった場合、発注者、受注者間でいつ、なにを対象にして、どのような、手続きで設計変更が行われたかを多くの事例をもとに解説することにより、設計変更が円滑かつ適切に処理されることを意図したもの。
U-2 292 土木工事の新規入場者教育 2000 ケー・アイ・ピー ケー・アイ・ピー 新規入場者が必ず知っておかなければならない、どこの工事現場にも共通の基本的ルールを徹底解説 ビデオ
U-2 293 土木工事災害の事業者責任 2000 ケー・アイ・ピー ケー・アイ・ピー ビデオ
U-2 294 土木工事災害防止の職長の役割と責任 2000 ケー・アイ・ピー ケー・アイ・ピー 現場責任者としての職長の心構え、作業者の安全を確保するためのとるべき行動のポイント、法的義務などを具体的に解説 ビデオ
U-3 97 建設技術のあれこれ 1990 角田知乙 鹿島出版会 日常よく目にするものの、よく見たり、考えたりすると不思議に思う疑問を、わかりやすく解説。
U-3 99 土木工学なぜなぜおもしろ読本 1997 大野春雄 山海堂 学校、教科書ではなかなか納得できない、土木建設に関する「WHY?」を楽しく解き明かす。
U-3 103 建設業のOJT読本 (若手現場マン育成の指針) 1997 中村秀樹/小澤康宏 日本コンサルタントグループ 本書は、教える人(先輩やトレーナー)がどんな教え方をしたらよいかを明記した指針書。
U-3 105 土木製図 1998 土木製図研究会 彰国社 単なる解説書でなく、あるケーススタディの図面を縦横に展開、理解しやすく編成。
U-3 224 UKEOI監督-新かんとく手帖- 1983 小川豊 山海堂 土木工事の基礎知識を中心に初学の方が理解し利用していただきたいために、著者の過去の経験をもとに書いたもの。
U-3 287 新版 土木工事写真の手引き 2000 土木工事写真管理研究会 全日本建設技術協会 工事写真の撮影を的確に行うため、工事写真の撮影方法及び撮影時の留意事項等を実例をもとに分かりやすく解説
U-3 453 土木工事の施工ポイント(建設業現場実務シリーズ) 1996 清水正行 鞄本コンサルタントグループ 若手施工管理者を対象に一般的かつ小規模な工事を題材として、ポイントや共通仕様書の要点を分かりやすく解説。
V-2 59 新体系土木工学 78−1 土地造成(上) 宅地造成 1982 吉岡明雄 技報堂出版 宅地造成の企画、調査から施工に至る手続・手法等、基本事項を網羅して詳説。
V-2 60 新体系土木工学 78−2 土地造成(下) 埋立 1993 酒見尚雄 技報堂出版 港湾計画と一体の関係にある埋立事業の基本を解説。現場技術者、学生向き。
W-3 153 造園技術必携4 造園植物と施設の管理 1991 三橋一也/中島宏 鹿島出版会 造園技術必携1参照
X-3 123 都市整備シリーズ 土地区画整理大意(全訂新版) 1995 東京土地区画整理協会/都市整備研究会 理工図書 土地区画整理事業に携わる方が、円滑な事業促進が図れるよう、その全ぼうを広く深く解説する。
X-3 306 高知県土地利用基本計画 2000 高知県 高知県 高知県土地利用基本計画(計画書・計画図・(参考)総括図)
X-3 350 地下・地下・地下! 1992 稲田善紀 森北出版 世界各国での地下利用事例、筆者が考える地下利用の紹介、問題点についてなど
Y-1 81 図解 1級土木施工管理技士実地試験 1996 建設技術教育研究所/間風太郎 オーム社 各出題分野ごとの重要事項と答案作成のポイントが、バランスよく理解できるようにまとめた。
Y-2 82 目で見る 1級造園施工管理技術検定実地試験 1997 小澤幸四郎/ 直江宏 山海堂 受験に対しての必要な基礎知識と模擬試験を通じて、準備すべき事項を平易に解説。
Y-2 83 平成9年 1級造園施工管理技術検定問題と解説  1997 造園施工管理研究会 山海堂 試験の概要/最近2年間の同試験問題と解説(A問題・B問題・解答試案)を整理して編集。
Y-3 183 平成10年度測量士・測量士補国家試験問題模範解説集 1998     日本測量協会 本年の試験問題を解答・解説するとともに過去における出題内容について科目別に一覧表にまとめたもの。
Y-4 226 平成11年度技術士第二次試験−出題傾向と対策−〈建設部門〉 1999 技術士検討委員会 山海堂 平成11年度版。
Z-1 165 洪水をなだめた人びと 〜治水と水防にみる先人の知恵〜 (ビデオ)                        文化工房 (ビデオ) 現代人が合理性を過信して捨て去ってきた治水や水防の土木遺産を紹介し、武田信玄や加藤清正の治水戦略を検証したビデオ。
Z-1 166 石を架ける 〜石橋文化を築いた人びと〜 (ビデオ)         文化工房 (ビデオ) この映画では、今も九州を中心にさまざまな石橋を訪ねてその歴史や石橋誕生のエピソード、人々が橋に託した夢、橋が地域社会に及ぼした影響、完成された構造美などを描きながら文化遺産として石橋の価値、その大切さを強く訴えていく。 ビデオ
Z-1 167 阪神・淡路大震災 北淡町の記録 第1部 第2部 (ビデオ)     ゼムン (ビデオ) 北淡町の震災の様子を収録したビデオ。
Z-1 168 下水道工事 〜推進工事〜 第1巻 (ビデオ) 1996   日本コンサルタントグループ (ビデオ) 下水道工事における推進工事の様子を収録したビデオ。
Z-1 169 河川工事 〜築堤工事〜 第2巻 (ビデオ) 1996   日本コンサルタントグループ (ビデオ) 河川工事における築堤工事の様子を収録したビデオ。
Z-1 170 道路工事 〜道路改良・舗装工事〜 第3巻 (ビデオ) 1996   日本コンサルタントグループ (ビデオ) 道路工事における道路改良・舗装工事の様子を収録したビデオ。
Z-1 171 構造物工事 〜ボックスカルバート工事〜 第4巻 (ビデオ) 1996   日本コンサルタントグループ (ビデオ) 構造物工事におけるボックスカルバート工事の様子を収録したビデオ。
Z-1 172 山が動く 〜高知県安田東洋線 安田町与床の山腹斜面の崩壊〜 (ビデオ) 1998   高知県建設技術公社 (ビデオ) 平成10年6月。土砂崩れの瞬間を収録。斜面崩壊の予測や崩壊前の関係者の対応等、崩壊までの経過を収めた貴重なビデオ。
Z-1 212 道普請 Version2 (Windows95 土木工事シュミレーションソフト) 1998   コム・ブレイン このソフトは、既に行われた2年間の道路改良工事の諸元を基礎データとして開発されている。自然災害に対する安全管理、外注業者との調整・工程変更など工程管理や品質管理、原価管理などをパソコンで疑似体験しながら繰り返し学習できる。
Z-1 228 フットワーク豊かな立坑築造システム REVOU立坑機/レボU工法   モール工業 友信 (ビデオ)フットワーク豊かな立抗築造システムについてのビデオ
Z-1 229 震災復興ビデオニュース 国道43号の広域防災帯整備 1998 近畿建設協会 日本シネセル 建設省近畿地方建設局 (ビデオ)国道43号の広域防災帯と今後の道路整備についてのビデオ。
Z-1 230 震災復興ビデオニュース 震災の記憶を伝えていくために 1999 近畿建設協会 日本シネセル 建設省近畿地方建設局 (ビデオ)阪神・淡路大震災を広く伝えるためのビデオ。
Z-1 231 TVCM「災害が起きてからでは」15秒   オーナーシステム オーナーシステム (ビデオ)TVCM
Z-1 398 ワークショップは技より心 2000 畠中洋行 畠中智子 人権教育啓発センター ワークショッププログラム実践ビデオ:人権教育啓発用としてまとめられているがワークショップのノウハウについて学べるビデオ
Z-2 177 平成9年度 テクニカルセミナー 講演録 1997 朴慶智/吉田隆至/清水喜代志/中瀬勲/塚田高明/西原道雄/小原朗/村橋正武..他 兵庫県建設技術センター 平成9年度に(財)兵庫県建設技術センターが、土木関係職員の自己研鑽の一助になることを期待し、各界の識者を迎え「計画と環境」をテーマに、テクニカルセミナーを開催したときの講演録。
Z-2 344 巨大技術と人間 1988 江沢洋 坂本百大 室田武 朝倉書店 1987.3月第139回大学協同セミナー「巨大技術と人間」」軒録を取りまとめた
Z-2 374 建設省直轄工事第16回技術研究報告 1963 建設省 建設省  
Z-3 178 高知県土木部技術職員研修テキスト(基礎講座) 1998   高知県建設技術公社 平成10年度に県土木技術職員(30歳未満)を対象として行った研修のテキスト。
Z-3 179 高知県土木部技術職員一般研修テキスト 1998   高知県建設技術公社 平成10年度に県土木技術職員を対象として行った研修のテキスト。
Z-3 180 市町村土木技術職員研修テキスト(基礎講座) 1998   高知県建設技術公社 平成10年度に市町村土木技術職員(土木経験年数1〜5年)を対象として行った研修のテキスト。
Z-3 271 高知県土木部技術職員研修テキスト(基礎講座) 1999   高知県建設技術公社 平成11年度に県土木技術職員(30歳未満)を対象として行った研修のテキスト。
Z-3 272 高知県土木技術職員一般研修テキスト 1999   高知県建設技術公社 県土木技術職員を対象として平成11年9月28日〜29日に行った研修のテキスト。
Z-3 273 高知県土木技術職員一般研修テキスト 1999   高知県建設技術公社 県土木技術職員を対象として平成11年12月9日〜10日に行った研修のテキスト。
Z-3 274 市町村土木技術職員研修テキスト(基礎講座) 1999   高知県建設技術公社 市町村土木技術職員(土木経験年数1〜5年)を対象として行った研修の研修テキスト。
Z-3 275 市町村土木技術職員一般研修テキスト 1999   高知県建設技術公社 市町村土木技術職員を対象として平成11年10月28日〜29日に行った研修のテキスト。
Z-3 305 平成10年度兵庫県建設技術センターテクニカルセミナー講演録 1999 兵庫県建設技術センター 兵庫県建設技術センター h10.10〜h11.2に同センターが行ったセミナーの講演録
Z-3 423 第8回 市町村土木技術職員実務研修会テキスト 1989 高知県建設技術公社 高知県建設技術公社  
Z-3 424 第7回 市町村土木技術職員実務研修会テキスト 1991 高知県建設技術公社 高知県建設技術公社  
Z-3 425 市町村土木技術職員実務研修会テキスト 平成元年8月 1993 高知県建設技術公社 高知県建設技術公社  
Z-3 440 平成12年度 市町村土木技術職員研修(入門講座) 2000 高知県建設技術公社 高知県建設技術公社  
Z-3 442 第364回建設技術(阪神・淡路大震災の被害と復旧)講習会テキスト 1995 富山県/社団法人全日本建設技術協会   震災及び復旧の実情を伝えるカラー写真特集。
Z-4 106 実戦情報処理 1993 農業土木学会 技報堂出版 一太郎、ロータス123、桐およびマッキントッシュが実際に使えるようになる一冊。
Z-4 220 情報化施工技術総覧 1998 情報化施工技術総覧編集委員会 産業技術サービスセンター 各種土木工事における情報化施工の代表的な事例を紹介し、工事データの観測方法、観測結果の解釈の方法、及び情報化施工を前提とした設計法などに関し、最新の知見成果を提供するもの。
Z-4 555 図解よくわかるCALS 1995 CALS推進協議会 日刊工業新聞社  
Z-4 671 すぐ効くADSLのトラブルシューティング第2版 2002 ケイズプロダクション 毎日コミュニケーションズ  
Z-4 693 平成16年度版SXF技術者検定試験公式ガイドブック 2004 オープンCADフォーマット評議会 建通新聞社  
Z-5 26 ヨーロッパ運河物語 その美とロマン、技術の系譜を訪ねて 1995 国際航路会議協会日本委員会/日本の水辺と運河を考える会 山海堂 ヨーロッパの運河や水辺を調査した結果をもとに、現代運河技術を訪ねる写真集とした。
Z-5 43 遷都新世紀−新首都論 1996 山田雅夫 山海堂 東京遷都について、その意義とあり方、真の効果などを、具体的提案シートを交えて提言。
Z-5 70 われらの地球  人工衛星写真 1988 竹内均/関口武/奈須紀幸 朝倉書店 人工衛星により、宇宙の星(地球等)の様子を撮影したもの。
Z-5 91 土木と社会 眼で見るシビルエンジニアリング 1997 久保村圭助/高橋裕 山海堂 社会資本を系統的に分類し、写真を中心に解説。土木工学系の教養課程の教科書に最適。
Z-5 92 土木への誘い 1994 シビル工学研究会 日本理工出版会 日常生活上、知らず知らずのうちに享受している土木技術を各部門ごとにまとめた啓蒙書。
Z-5 93 ある土木者像 いま・この人を見よ 1983 飯吉精一 技報堂出版 土木界で指導的役割を果たした先覚者11人を選び、その学問的寄与と人間的感化を描いた。
Z-5 94 国造りの歴史 −中部の土木史− 1990 土木学会中部支部 名古屋大学出版会 古代から近代までの中部の土木事業史を概観。物語篇・資料篇から成り、カラー写真を多用。
Z-5 95 物語 日本の土木史 大地を築いた男たち 1996 長尾義三 鹿島出版会 変わりゆく時代背景のもとで先人たちが考えたこと、編み出した技術等を、読み物的にまとめた。
Z-5 98 ブックレビュー 土木技術100冊の本 1990 福岡正巳 近代図書 土木の分野別のに技術書100冊を取り上げ、内容の要約と書評を執筆したブックレビュー。
Z-5 100 日本の土木遺産 −日本文化の象徴・近代化遺産を訪ねて− 1997 石井一郎 森北出版 「世界遺産」「近代化遺産」がクローズアップされる中、特に日本の土木遺産を中心に紹介。
Z-5 101 グラウンドのはなし 1990 石井紳三 技報堂出版 グランドは、どのように考えて作られ、どのように使われているか、各スポーツとの係わりで詳述。
Z-5 107 エンジニアの文章読本 1996 山口喬 培風館 科学・技術の文章作成法のノウハウを、豊富なケーススタディにて実際的に指導・解説。
Z-5 182 報告書の書きかた 1997 今村 遼平/渡辺 敞 日本測量協会 報告書を書くに当っての目的、記述方法の一貫性、文書上達方法等を技術者の目から述べる。
Z-5 208 続 報告書の周辺 〜望まれるコンサルタントのあり方〜 1998 今村 遼平 日本測量協会 報告書作成のために、不可欠な要素に焦点をあてたコンサルティング・エンジニアの指針書。
Z-5 222 自然の復元 1998 松下忠洋 山海堂 砂防関係写真集。
Z-5 225 黒潮のナゾを追う     −高知新聞企業創立25周年記念出版− 1991 高知大学黒潮圏研究所 高知新聞社   
Z-5 239 危険予知が「生命」を守る 98高知豪雨の教訓 1999 高知市消防局/テレビ高知   (ビデオ)’98高知豪雨の教訓を収めたビデオ。
Z-5 264 阪神・淡路大震災 北淡町の記録 1997 北淡町災害復興対策室 北淡町役場 阪神・淡路大震災による北淡町の記録の概要を載せたもの。
Z-5 265 中国地域まちづくりネットワーク データ編 1996   中国電力/経済研究センター 中国地域各県の市町村別に、活動に携わる実践者・グループを一覧にまとめたもの。
Z-5 277 哲学を導入したシステム工学 1999 岡崎義則 コロナ社 ギリシャ哲学とヘーゲル哲学を参考にシステム工学を考えたもの。
Z-5 308 ISO9000,Sが会社をつぶす 1999 システムズ山崎裕司 日刊建設通信新聞社 ISO9000についての基本的理解と導入に当たっての留意点についての書
Z-5 345 プロ技術者への道 生産設計と省エネ・省力化 1999 本田武夫 産能大学出版 モノづくりの現場において、従来、主として行われてきた改善活動から脱し「設計における改革の道づけ」について提示
Z-5 346 新コロナシリーズ?夢を追う技術者・技術士 1998 CEネットワーク コロナ社 技術立国するわが国の継続的発展に寄与するべく、技術士から次世代技術者への熱きメッセージを記述
Z-5 347 日本型リゾートの開発戦略 本格的リゾート開発が日本経済をリードする 1992 リゾート開発研究会 産能大学出版 リゾート開発研究会において体験的に調査研究してきた内容を論理的に整理するとともに、越後湯沢町で実践してきた成果を総括
Z-5 491 私の七十五年 1992 長崎次郎 有限会社四国写植 (社)高知県建設技術公社の設立、安定の礎を築いた筆者の自分史。病気との闘い、生き様を振り返る。
Z-5 518 事件追想 昭和四十五年〜平成三年 1993 園井忠雄 日本報道記者会  
Z-5 540 三つのニューイズム21世紀・日本の選択 1990 福川伸次 TBSブリタニカ  
Z-5 541 経営トップが綴る 我が社の行動指針 1992 PHP研究所 PHP研究所  
Z-5 542 続・私の視点 1987 長田庄一 竹井出版  
Z-5 543 死体は語る 1989 上野正彦 時事通信社  
Z-5 545 高島秀武のしゃべり上手で差をつけろ 1996 高島秀武 徳間書店  
Z-5 546 知事が日本を変える 2002 浅野史郎 北川正恭 橋本大二郎 文春新書  
Z-5 556 知事 地方から日本が変わる 2001 橋本大二郎 平凡社  
Z-5 557 歴史新書=45 藤原道長 1988 山中裕 教育社  
Z-5 558 リーダーシップの条件 1985 久住忠男 時事通信社  
Z-5 560 新・誤解と理解 1991 西山 千 サンマイル出版会  
Z-5 561 「捨てる!」技術 2000 辰巳 渚 宝島社  
Z-5 581 次はこうなる 1997 堺屋太一 講談社  
Z-5 582 危ない現実 1991 栗本慎一郎 学習研究社  
Z-5 583 コミュニケーション・入門 1996 船津衛 有斐閣アルマ  
Z-5 586 マネジメントのための質問力 1987 飯久保廣嗣 かんき出版  
Z-5 593 統計解析 1966 田口玄一 丸善  
Z-5 594 現代経営科学全集5確率論とその応用 上 1960 W・フェラー 紀伊国屋書店  
Z-5 599 企業ドメインの戦略論 1992 榊原清則 中公新書  
Z-5 600 週末の知的生活技術 1994 現代情報工学研究会 講談社  
Z-5 601 朝の知的生活技術 1995 現代情報工学研究会 講談社  
Z-5 602 現状打破や、挑戦や! 1984 坪内寿夫 光文社  
Z-5 603 知の樹海から 1995 芝豪 海越出版社  
Z-5 604 強気の人弱気の人 1986 加藤諦三 三笠書房  
Z-5 605 国際頭脳をもっている ここが日本人の弱点だ 1992 長谷川慶太郎 青春出版社  
Z-5 606 好奇心が「変化」をとらえる 情報力 1997 長谷川慶太郎 サンマーク出版  
Z-5 607 これから10年本物の発見 1993 船井幸雄 サンマーク出版  
Z-5 608 新版目標管理の進め方 1971 幸田一男 産業能率大出版部  
Z-5 612 遺伝子治療最前線 1992 ロビン・マッキ− 日経サイエンス社  
Z-5 613 淙々たる大河 1986 森下郁子 山海堂  
Z-5 614 超勉強法 1995 野口悠紀雄 講談社  
Z-5 615 政は官をどう凌ぐか 1995 金子仁洋 講談社  
Z-5 616 政治家無用論 1995 橋本大二郎 講談社  
Z-5 617 県庁わが人生 1995 中内力 講談社  
Z-5 618 社長のろまんは社員のフマン 1999 永野正展 相愛  
Z-5 638 POPな哲学 1994 鷲田小彌太 同文書院  
Z-5 639 建設技術者のための21章 これからの管理者像 1980 京牟禮和夫 山海堂  
Z-5 640 人類新世紀終局の選択 精神世界は科学である 1991 栗本慎一郎 青春出版社  
Z-5 641 NHKウルトラアイ4ちょっと役立つ大研究 1984 山川静夫 番組制作グループ 日本放送出版協会  
Z-5 642 NHKスペシャル新・日本人の条件2失われた時間 1992 NHK新日本人の条件プロジェクト 日本放送出版協会  
Z-5 643 建設崩壊 1999 山崎裕司 プレジデント社  
Z-5 644 日曜日だから管理学を身につけておこう 1991 鎌田勝 中経出版  
Z-5 658 人生は自分勝手でちょうどいい 1993 竹村健一 PHP研究所  
Z-5 661 お役所の掟 1993 宮本政於 講談社  
Z-5 662 参加のデザイン道具箱 2000 真鍋 弘/柴田希美絵 世田谷まちづくりセンター  
Z-5 663 参加のデザイン道具箱PART-2 1996 浅海義治/大戸 徹/中里京子 世田谷まちづくりセンター  
Z-5 664 参加のデザイン道具箱PART-3 1998 浅海義治/伊藤雅春 世田谷まちづくりセンター  
Z-5 665 読むクスリ 1995 上前淳一郎 文藝春秋  
Z-5 666 いい話し方はいい人間関係をつくる 1983 鈴木健二 大和出版  
Z-5 667 ビジネスマンの父より娘への25通の手紙 1989 キングスレイ・ウォード 新潮社  
Z-5 668 狗泥こだわり講座 1990 新世紀伴走舎 汐文社  
Z-5 669 こころの処方箋 1992 河合隼雄 新潮社  
Z-5 673 丸亀日記 1988 藤原新也 朝日新聞社  
Z-5 674 世界が舞台の永年青年盛田昭夫語録 1996 ソニーマガジンズビジネスブック編集部 ソニーマガジンズ  
Z-5 675 自由の泉 2001 井上自由 文芸社  
Z-5 676 感性の哲学 2001 桑子敏雄 日本放送出版協会  
Z-5 677 松下政経塾編松下政経塾講話録 1985 松下政経塾編 PHP文庫  
Z-5 678 絶対困らない議論の方法 1999 小野田博一 三笠書房  
Z-5 681 電気防食法の実際 1967 中川雅央 地人書館  
Z-5 682 鄙の議論 1991 細川護煕 岩國哲人 光文社  
Z-5 683 ファシズムへの道 日本の歴史24 1967 大内力 中央公論社  
Z-5 684 うみやまの書 1992 山田一郎 高知新聞社  
Z-5 685 明治維新と中岡慎太郎 1990 前田年雄 北川村教育委員会  
Z-5 688 活かす経営殺す経営 1985 飯塚昭男 講談社  
Z-5 689 習って覚えて真似して捨てる 1988 真藤恒 NTT出版  
Z-5 690 20世紀は人間を幸福にしたか 1998 柳田邦男 講談社  
Z-5 691 リエンジニアリング革命 1993 マイケル・ハマー           ジェイムズ・チャンピー 日本経済新聞社  
Z-5 692 松下政経塾講話録(続) 1981 松下政経塾 PHP研究所  
Z-5 699 念ずれば花ひらく 2004 瀬戸徑子 南の風社  
Z-5 702 高知住まいと町並み 2002 西島芳子 高知新聞社  
Z-5 703 いのちばんざい 2001 小笠原望 高知新聞社  
Z-5 704 石を積む 石垣と日本人 2005 文化工房 文化工房 ビデオ
Z-6 200 内線規程 JEAC8001-1995 1997 電気技術基準調査委員会 日本電気協会 電気設備の技術基準に定められている事項を網羅するばかりでなく、法令では抽象的に表現されている事項についても具体的に明記し、また、保安上のことばかりでなく、需要家の電気利用上の利便も考慮して推奨すべき事項についても規定している。
Z-6 236 配電規程(低圧及び高圧) 1992 電気技術基準調査委員会 日本電気協会 JEAC 7001−1992。
Z-7 227 すぐに役立つ 短いスピーチ実例集 1998 薬師寺 真 日本文芸社 実例集
Z-7 240 最新版 スピーチ・あいさつ全書 1997 奈村 莢 池田書店 あいさつ・スピーチの例文を、さまざまなケースにそくしてまとめたもの。
Z-7 241 失敗しない スピーチ・あいさつ実例百科 1998 三遊亭楽太郎 池田書店 誰にでも巡ってくるスピーチを、心で実践していただくことを目的に作成。
Z-7 242 冠婚葬祭の心得全書 1982 高杉陶九郎 池田書店 冠婚葬祭の心得についてまとめたもの。
Z-7 496 最新あいさつスピーチ全集 1998 模範・話し方研究会 新日本法規出版株式会社 第一線で活躍を続けている男女の司会者が「言葉は心」をモットーに書き上げた実例集。
Z-8 254 公共工事と会計検査 改訂3版 1999 安藝忠夫 経済調査会 公共事業すなわち公共工事について、昭和63年度から平成9年度までの10年間に会計検査院がどのような検査を行い、どんな事態について指摘してきたかを主体に記述したもの。
Z-9 267 心つなごう人権の世紀へ今 −企業内人権研修資料〔T〕− 1999   高知県/高知県人権啓発センター 企業で人権に関する研修を推進するための資料として作成されたもの。
Z-9 268 人権は未来をつくる道しるべ 〜「人権教育のための国連10年」高知県行動計画〜 1998   高知県 人権に関する啓発資料
Z-9 299 ワークショップは技より心 2000 下水道実務研究会  全国建設研修センター 下水道事業に携わる方々及び関心を持たれる方々に、是非知っておいていただきたい法令・通知やこれに基づく手続き等についてとりまとめた
Z-10 510 高知懸土木史 1998 高知県土木史編纂委員会 社団法人高知県建設業協会  
Z-10 511 神奈川土木行政のあゆみ 1993 神奈川県土木部 神奈川県都市整備技術センター  
Z-10 512 戦後50周年長崎県土木行政のあゆみ 1999 長崎県土木行政のあゆみ編纂委員会 長崎県建設技術研究センター  
Z-10 513 砂防法制定百年記念山梨県砂防課設立三十七周年記念誌山梨県砂防誌 1997 「山梨県砂防誌」編纂委員会 「山梨県砂防誌」編纂委員会  
Z-10 516 火?の山に挑む 1992 `島武弘 東京記者クラブ  
Z-10 521 火水翼 創立八十周年記念誌 高知県立高知工業高等学校 1993 創立80周年記念誌発行委員会 岸之上守代司  
Z-10 592 砂防のこころ 2000 全国治水砂防協会 全国治水砂防協会  
Z-11 502 公共土木設計業務等標準委託契約約款の解説 1996 建設関連業振興研究所 大成出版社  




Top